局所凍結療法と全身凍結療法の違い

      凍結療法は、極低温とエネルギーの抽出に関連しています。局所凍結療法と全身凍結療法の2種類の凍結療法があり、効果が異なる可能性があります。

      ローカル凍結療法ユニット
      ローカル凍結療法ユニット
      ActiveCryoクライオサウナ熱画像
      赤外線カメラ付きクリオサウナ

      局所および全身凍結療法の定義
      比較を可能にする局所凍結療法の技術として、比較的新しいエアパルス技術を検討します。エアパルス凍結療法は、通常、-30°C / -22°Fで4〜5分の複数のセットで適用され、2つのセットの間に1分間の休憩があります。
      全身凍結療法は非侵襲的療法です。全身凍結療法の間、生理学的反応を刺激するために、極度の寒さの短いバーストが体の外面に与えられます。典型的な曝露セッションは、-120°C / -184°Fから-180°C / -294°Fの間の温度で1〜3分です。
      人体への局所的および全身的影響
      アイスパックの使用、冷水への浸漬、全身凍結療法への曝露など、人間に冷熱を加えることは大きな影響を及ぼします。人間は吸熱性の恒常性であり、代謝を介して熱を発生させることができるため、恒常性を維持できます。コア温度を狭い範囲、通常は36.2°C/97.2°Fから37.7°C / 99.8°Fの範囲内に維持することが不可欠です。1体温調節反応については、中心コアの体温と周辺シェルを考慮します(皮膚の温度、皮下組織、筋肉で構成されています)。受容体の温度情報と設定温度の間に差があると、体温調節反応が誘発され、熱の生成または放散が促進されます。熱産生は、安静時の細胞代謝または外部活動からの副産物に由来します。体と外部環境との間の熱伝達として定義される熱損失は、常に高温から低温への熱対流、熱放射、熱伝導、および熱蒸発によって発生します。
      次に、寒さに対する全身性反応に対して、組織代謝に対する直接的な局所反応を定義します。寒さは熱を抽出し、組織の代謝を低下させ、それによって酸素需要を減らし、外傷の場合は影響を受けていない組織を保存します。これは二次損傷の制限と呼ばれる現象です。
      局所および全身凍結療法は、治療法と見なされるべきです。これは、治療または刺激の目的で物理的な薬剤を体に送達する技術です。これらのモダリティには、炎症の段階に基づいて、治癒または回復を最も促進する正しい形のエネルギーの適用が含まれます。
      局所および全身凍結療法の主な効果
      冷却とはエネルギーを抽出することであり、必要な熱伝達は熱伝導率によって異なります。この熱伝導率は、アプリケーションの長さ、表面積の量などのさまざまな要因だけでなく、熱伝達係数にも依存します。この係数は、たとえば水(0.58)や砕いた氷(2.5)と比較して、空気(0.0024)の場合ははるかに小さくなります。したがって、エアパルス技術と比較して、アイスパックを使用すると、異なる温度効果が得られます。エアパルスおよび全身凍結療法の場合、人体は直接接触していないため、対流が熱損失の最大の原因となります。
      エアパルス凍結療法セッション後の平均皮膚温度低下は23-25°C / 39-45°F2であり、この技術は比較的新しいため、コアおよび筋肉の温度への影響に関するデータはまだ利用できません。平均的な全身凍結療法セッションでは、一般的な皮膚の温度が8°-18°C / 14-32°F低下し、コアの温度が0-0.3°C / 0-0.5°F低下し、筋肉の温度が1.6低下します。深さ3cm / 1.2インチで°C / 2.9°F。3,4これらの違いを考慮すると、さまざまな影響が発生し、さまざまな兆候が説明されており、それぞれ表1と表2にまとめられています。
      表1:局所および全身凍結療法の効果要素

      局所凍結療法と全身凍結療法
      局所凍結療法

       

       

       

       

      表2:局所および全身凍結療法の適応

       

       

       

      局所凍結療法または全身凍結療法の使用法は、利用可能な最善の研究、開業医の臨床専門知識によって決定され、グローバルなアプローチの補助と見なされるべきです。局所凍結療法と全身凍結療法は、両方とも現場で大きな可能性を秘め、互いに容易に実施できる2つの異なるモダリティと見なす必要があります。

      参照:
      1. Horvath、SM、Menduke、H。&Piersol、GM男性の口腔および直腸の温度。 J Am Med Assoc 144、1562–1565(1950)。
      2. Guilhem、G。etal。運動誘発性の筋肉損傷後の神経筋回復に対するエアパルス凍結療法の効果。 Am J Sports Med 41、1942–1951(2013)。
      3. Selfe、J。etal。エリートラグビーリーグの選手に対する3つの異なる(-135°C)全身凍結療法曝露期間の影響。 PLoS ONE 9、e86420(2014)。
      4. Costello、JT、Culligan、K.、Selfe、J。&Donnelly、AE-110°Cの冷気と8°Cの水処理後の筋肉、皮膚、コアの温度。 PLoS ONE 7、e48190(2012)。
      5. Doungkulsaa、A.、Paungmalia、A.、Henry Joseph、L。&Khamwong、P。偏心運動後の肘屈筋の遅発性筋肉痛に対するエアパルス凍結療法の有効性。ポーランド医学年報25、103–111(2018)。

      0 / 5 (0レビュー)
      お問い合わせ